婚活でエリート男性とマッチングするには

婚活するなら相手は断然エリートでしょ!と思っている女性は少なくありません。

しかし、現実的にエリート男性とマッチング出来る女性は限られます。

何故なら、まずライバルが非常に多いからです。

女性なら誰しもハイステータスの男性を狙いたいと思いますよね。

「私を選んで!!!」と言わんばかりのギラギラした女性の中から抜きんでなければいけないのです。

そして、マッチングをするには重大なことがもう一つあります。

それは、エリート男性に選ばれなければならないということ。

そもそも、これなしにマッチングはあり得ません。

ではエリート男性に選ばれる女性とはどのような特徴があるのでしょうか。

何が何でもエリート狙いの女性だけに、こっそりとお教えしましょう。

1.エリート男性は目立つ女性や美人が好きなわけではない

メイク

エリート男性に見合う女性になるためには、誰よりも美人にならなくちゃ!

高価なファンデーションを使ってお肌は陶器のように。

まつ毛はマツエクでバサバサに。

チークも口紅もブランドもので、しっかりと。

洋服だってもちろんお嬢様ブランドのワンピースで決めちゃう。

指先のおしゃれだって抜かりなく、ネイルもばっちり。

これで他の女より目立てるでしょ?

エリート男性に注目してもらうためには、とにかく外見で目立たなければ!

そう思っている女性は少なくないでしょう。

確かに、見た目は大切です。

外見で良いなと思ってもらわないと、内面を見てもらうところまで行き着けないですから。

しかし、目立てば良いというものでもないし、ブランド品を使えば良いというわけでもありません。

何故ならエリート男性は女性を外見で選ばないからです。

お金や地位、権力を持っていれば、黙っていても女は群がるもの。

美人ならこれまでにたくさん見てきているでしょう。

そのような人を隣に置くチャンスはこれまでにも何度となくあったはずです。

それなのに婚活の場に現れたのは何故か。

心から愛し愛せる人が欲しいからですよね。

だからこそ、自分のことをブランド物ばかりで固めた女は眼中にないのです。

下心が見え見えだから。

では、大体のエリート男性が女性に求めていることは一体何なのか。

それは”癒し”なのです。

これが全てと言っても過言ではありません。

エリートと呼ばれるくらいの男性ですから、仕事が並大抵ではないことは少し考えただけでも分かることですよね。

しかしエリートだって人間だからこそ、心身の疲れは溜まるものです。

だからこそ癒してくれる人と一緒にいたいと思うのです。

しかし、選んだ女性が癒し系かは最初は分からないですよね。

その時に女性のどこを見て判断するのかというと、表情であったり、立ち居振る舞いなのです。

それは、目立つことや美人とは関係ありませんよね。

もし、あなたがエリートに選ばれたい!と思っているのなら、メイクやファッションも大事ですが、それよりも大事なところを磨くことが必要です。

2.エリートは家庭を築いたらいい奥さんになってくれるか想像出来る人を選ぶ

エリートが女性を選ぶ際に視野に入れること。

それは、家庭を築いたときにいい奥さんになってくれるか。ということです。

エリートと呼ばれるくらいですから、収入も当たり前のように高いです。

そのような男性は合理的な性格であることが少なくありません。

それは恋人と二人で暮らすようになった時の役割分担にも現れてきます。

というのも、エリート男性は二人で働くよりも自分だけが働いて家事全般は女性の役割とするのが効率的と思っています。

だからこそエリートが求める女性はバリバリのキャリアウーマンではなく、料理、洗濯、掃除がきちんと出来る人なのです。

とにかくエリート男性の心を掴みたいからと言って、「自分料理が得意です!洗濯も掃除も好きです!」とあからさまにアピールするのはおかしいので、聞かれたら答えるくらいにしておきましょう。

もちろん自然と答えられるように、常日頃きちんと家事に取り組むことが大切です。

3.偉そうな女は嫌いだけど精神的に強い女のことは好き

エリート男性の嫌いな女は、偉そうな女です。

理由は簡単。

可愛くないからです。

もしあなたが負けん気が強く、プライドも高く、”男には負けない!”をモットーにしているのであれば、エリートを捕まえることは少々難しいかもしれません。

もし、何が何でもエリート男性とマッチングしたい!と思うのであれば、自分を変える必要があります。

エリート男性は自分に自信を持っている人が非常に多いです。

男性は誰でもプライドが高い傾向にありますが、エリート男性は特にそれが言えるでしょう。

そのためそれを崩そうとする女性を嫌悪するのです。

自分に黙ってついて来てくれ、しおらしい。

そのような女性を好みます。

しかしエリート男性は、社会に様々なことを求められ、大きなプレッシャーを抱えていることもあります。

いくらプライドが高く自分に自信があり、今まで結果を出して来た人だとしても、心身ともに疲弊する時があります。

その時は恋人のことを考える余裕も無くなり、おもて面だけ見れば彼女のことは放りっぱなし状態になってしまうこともあります。

女性側が相手を”エリート”というブランドだけで一緒にいたいと考えていると、たとえそのような男性と交際しても後で不満だらけになってしまうでしょう。

「疲れた、ごめん今は一人にさせて」そればかりで全然私にかまってくれない…

もっとおしゃれなところでデートしたい…

もっとこういう風にしてくれると思ったのに…

このように。

彼が参っている時に、寂しいと訴えたり、何で私のことをもっと大事にしてくれないんだと非難しても状況は変わらないどころか、彼の恋人への気持ちはどんどん冷めてしまいます。

だからこそ、エリート男性と上手くいきたいと思うなら、精神的な強さがあるかが重要になってきます。

彼が弱っている時に自分のことは一旦置いておき、どれだけ相手に寄り添えるか。

それは辛いものです。

いつまで落ち込んでるの!?と叫びたくなる時もあれば、私のことだって気遣って!と思う時もある。

もっと愛情が欲しいと思う時もあるし、そもそもこの人と一緒にいることが間違っているのではないかとさえ考えることもあるでしょう。

しかし相手が辛い時は自分もそれを分かち合えば、相手が元気になった時に大きな愛情を受け取ることが出来るはずです。

そしてそのような女性でいることが出来れば、相手に「自分にはこの女性しかいない。」と思わせることも出来るでしょう。

終わりに・・・

婚活するなら、何が何でも狙うはエリート男性!と思う女性は少なくありません。

かっこ悪い男性より、断然かっこ良い男性が良いに決まっていますから。

しかしそのような人を選べば、それなりの苦労は覚悟しなければなりません。

ただ単に、恋人(パートナー)がエリートというだけで皆に自慢できる、鼻が高い、色々買ってもらえる、自分は働かなくて良い(楽できる)そのような目先だけの利益を考えると、後で必ず後悔します。

利益が欲しいなら、自分も相手に其れ相応のものを与えないと、関係は成立しないのです。

それを踏まえエリートを狙っていけば、チャンスを掴むことも可能になってくるでしょう。

こちらの記事もご覧ください。

⇨どうすれば上手くいく?遠距離婚活の進め方