これはダメ!婚活で男にドン引きされてしまう勘違い女の特徴

せっかく婚活しているのに、なんだか全然声をかけられない…。

そのように悩んでいるあなた。

もしかしたら、密かに男性から勘違いの称号をもらっているのかも…。

勘違い女!?何それ、私全然そんなのじゃないし。だって私本当はモテるし、いい女だし。この私が勘違い女なんて絶対あり得ない!

…実はこのように思っている方こそが、注意したいもの。

何故なら、自分のことを客観的に見れてないからです。

本当は素敵な女性にも関わらずちょっとの勘違いで、いい女どころか痛い女路線を突き進んでしまい、婚活しても「この人!」と思う男性には出会えない…そんな方向に進んでしまうことも大いに考えられます。

そんなの絶対に嫌ですよね。

婚活するからには、自分が思い描く男性に出会いたいもの。

だからこそ男性に全然声をかけられないと悩んでいる方は、自分が勘違い女と化していないかをここでチェックしてみましょう。

もしそこで一つでも自分に当てはまるのであれば、悪いことは言いません。

直ちに改善しましょう。

少しでも自分を変えることが出来れば、婚活の流れも変わってくるはずです。

1.メイクもファッションも鮮やか艶やかに盛ればモテる!これは勘違い

078c1f05284a057394976db731de5428_s

婚活の場では他の誰よりも目立たなくては!

自分以外は全員ライバル!

だから煌びやかなドレスにアクセサリー、メイクもヘアスタイルも盛って盛って盛りまくる。

どう?綺麗でしょ?

…なんてことをしていませんか。

それはダメですよ、あなたがいる場所はキャバクラではないのだから。

でも実はすごく分かるのです。

盛って盛って盛りまくりたい気持ち。

だってせっかくの出会いの場。

誰よりも可愛くなりたいし、注目されたいですから。

事実、注目された分出会いのチャンスが増えますからね。

しかし、その盛り盛りスタイルは本当に婚活に必要かを考える必要があります。

まず、婚活は自分善がりの考えだけでは上手くいきません。

相手となる男性が婚活をするにあたって、彼らが私たち女性に対して何を求めているのかをある程度考えられなければ始まらないのです。

私はこんなにキラキラで可愛い格好しているの!をアピールしても仕方ありません。

男性が求める女性像をきちんと把握し、それを外見にもきちんと反映させること。

自分でアプローチを仕掛けることも重要かもしれませんが、男性に相手にされなければスタート地点にも立てません。

だからこそ、彼らに注目される外見をきちんと作りましょう。

因みに男性の大半は、ナチュラルメイクであまりケバケバしくない女性を好みます。

もちろんパーティーの場であればそれなりの華やかさを出して良いかと思いますが、やはりそこはさじ加減が必要です。

また、男性の好みをきちんと把握してそれを反映させることも大切ですが、自分という個を出すことも大切です。

簡単なことではありませんが、男性受けの良いものを取り入れつつ、かつ自分はこういう人間ですとアピールできるものも取り入れる。

そうすれば、他の女性に埋もれることはありません。

また過度に年齢に抗うことも基本的にNGです。

何故ならそれは周りから見たら、滑稽に見えるからです。

例えばミニスカート。

それは若い子がはくから可愛いし、似合うのです。

しかし年齢の上に行けば行くほど、それは似合わなくなるものです。

もちろん例外もあるでしょう。

しかし大抵は似合わなくなり、痛くなるのです。

逆に年齢が上がれば似合う服装というものが出てきます。

年齢が上がることは悲しいことではありません。

もちろん歳を取ればピチピチの若い子には敵わないことも出てきますが、逆に歳を重ねているからこそ魅せれることも増えるのです。

それらを踏まえ、自分に最も似合う外見で婚活に臨みたいものですね。

ちなみに私が婚活パーティーでどのような外見を作るかと行ったら、自分に最も自信を持てるタイトなワンピースを選び着ますね。

体のラインがしっかり見えるからこそ逆にワンピースの丈は膝丈くらいのものを選び、いやらしくならないようにします。

色もシンプルなものを選びます。(個人的な好み…)

洋服をシンプルなものにしたら、小物で華やかさを出したりして、パーティーに相応しい格好に仕上げます。

メイクはパーティー仕様でアイシャドウに少しラメが入ったものを使うかも知れませんが、もともと顔の作りがはっきりしているので、ナチュラルに仕上げますね。

…これはほんの一例なので参考までに見て、自分のスタイルを作ってみてください。

男性受けを狙いつつ、自分に似合う格好をする。

盛れば良いということではない。

これを念頭に置き外見を作るだけで、今までの婚活パーティーと違う状況が作れるはずです。

2.婚活であれもこれもそれも要求する女子は冷たい目で見られる

恋人に出来る男性の基準?

まず年収は1500万以上は外せないよね。

それに背は180センチ以上で、もちろんイケメンで、優しくて、包容力があって、デートではいつもリードしてくれて(もちろんデート代は全額払ってくれる人)、オシャレなお店も知っていて、まめにプレゼントをくれて、それから…

なんてことを考えている人は要注意です。

確かにいい人と巡り会いたいからこそ、要望はあれこれ出てくるかもしれません。

…が、要望が多過ぎれば多過ぎる程、自分の視野に入ってくる人は少なくなってきます。

この人はこの基準を満たしていないからダメ。

あの人はあの基準を満たしていないからダメ。

この人も、その人も….。

結果誰とも巡り合えない事態が起こってくるのです。

もちろん要求ばかりしてくる女性に対して、男性も白い目を向けるもの。

それは男性にしてみたら、「じゃあ、お前はそんなこと言える程いい女なのかよ?」と思ってしまうからです。

結果、こんな女こっちから願い下げだと思われ、誰も近寄ってくれなくなるのです。

そうなってしまうと、マッチングすら出来なくなり交際をスタートさせることも出来なくなります。

もし自分が「あれもそれもこれも…」と男性に対して要求しているなと思うのであれば、選ぶ基準をほんの少し緩くしてみましょう。

そうすることで、婚活もまた違うものになっていくでしょう。

3.テンション上げ上げ↑↑パリピ系女子は楽しくても男の眼中になし

ほら、私って話題が豊富だから↑↑♪

私が声をかければ男性は爆笑しちゃうの♪

私にかかればみんなテンション上げ上げ↑↑↑

私を選んでくれれば、毎日騒がしく楽しく過ごせるよ!!!

確かに明るくムードメーカーな女性と一緒にいれば楽しいでしょう。

しかし余りにもパリピ系はちょっと…と思っている男性も少なくありません。

何故なら、男性は女性に騒がしさや楽しさを追求しているわけではないからです。

もちろんテンションが高くノリが良い人ならOKと考えている男性もいるかもしれません。

また、好きになってしまえばその人がタイプと思う男性も少なくないので、パリピ系が絶対にダメとも一概には言えないこともあります。

ただ、本気で婚活をしている男性が女性に望むことは何でしょう。

それを考えることで、自分をどう魅せれば良いのかも変わってきますよね。

もちろん自分はこういう人です!とアピールするのも大切です。

ただ恋愛は自分を主張すれば上手くいくという訳ではないので、相手の考えていることもきちんと汲み取る必要があります。

それを踏まえ、自分を魅せることが出来ると良いですね。

終わりに・・・

婚活していても、全然声をかけられない…。

そのように悩んでいる方は、ぜひ一度客観的に自分のことを見ることをおすすめします。

本当のあなたはとても魅力的かもしれません。

しかしほんの少しの勘違いがあったり、魅せ方を間違えることで、全く男性から声がかからない…というような悲惨な状況に陥ってしまうこともあるのです。

だからと言って、絶望することはありません。

それは今からでも調整していけば状況はいくらでも変えることが出来るからです。

婚活が上手く行かない時こそ、焦らず一度立ち止まって自分と対話してみましょう。

それがこれからの良い出会いに繋がるはずです。

こちらの記事もご覧ください。

⇨婚活に対する親の口出し!こう対処すれば大丈夫!