婚活にはこれを取り入れて!距離を縮めるにはスポーツが◎

婚活の際に良いなと思う人とはぜひ仲良くなりたいですよね。

でも仲良くなるって、結構大変だと思っている人も多いのではないでしょうか。

大分時間が経てば自然と話も出来るけど、つい最近知り合った人と一体どうやって仲良くなれば良いの?

そんな時こそ、相手のプロフィールをくまなく読みましょう。

私が良いなと思う人がいれば、その人のプロフィールは暗記して音読出来るくらいに読み倒します。

その文章の中に一箇所でも自分とかぶるところがあればしめたもの。

そこから話題を膨らませましょう。

なかでも私が注目する場所は、趣味の欄にスポーツと書かれてある時です。

その時は心の中でガッツポーズをします。

これで多分仲良くなれるぞ〜〜〜!って。

何でかって?

それはこれからお教えしますね!

1.一緒にスポーツをすることで意気投合出来る

42d7a813c0b24f5c7a61f431aa16925d_s

スポーツの何が良いかというと、お互い楽しめて意気投合出来るところです。

勝ち負けの真剣勝負になってしまうとお互いの間に火花が散ってしまうのでそれは避けた方が良いのですが、楽しむことが目的なら、和気あいあいとした雰囲気になれますよね。

また知り合って間もないと、カフェデートしたとしても「何を話せば良いのだろう…」と困ってしまったり、二人の間に沈黙が続いてしまうと逃げ出したくなりますよね。(もちろん親密な仲ならば、その沈黙さえ心地良かったりするのですが…)

そのようにまだ関係が浅い時だからこそ、一緒にスポーツをすることがおすすめなのです。

スポーツしている時は会話に集中!ではなく、どちらかと言えば体を動かすことに集中!なので、「会話が続かない…!」と困ったり、焦らなくて良いのです。

また楽しければ自然と笑みが溢れたり、自然と声をかけられたりしますよね。

それがお互いの緊張感を緩めることに繋がります。

だからこそ、知り合った当初にスポーツはおすすめなのです。

いきなりカフェデートより、スポーツをした後のカフェデートの方が断然楽しいし、気兼ねなく会話が出来るはずです。

一緒に体を動かしたことで話題は尽きないでしょうし、二人で楽しいを経験していますからね。

2.婚活で相手と一緒にスポーツをするならラリー系は選ばない

私も好きな人と仲良くなるために、相手と一緒にスポーツをしたことがあります。

しかし私は体を動かすことは大好きなのですが、とんでもない程の運動音痴なのです。(ここは認めたくないですが…)

その時に選んだスポーツで悲劇は起こりました。

やはり恋人としたいスポーツと言ったら、テニス。

なんていったて、見た目からしてラブラブになれそうじゃないですか。

私はそれを選んだんですよね。

高校の時も硬式テニス部に入ってたし、相手も大学の時にテニスサークルに入っていたというし、絶対楽しめるじゃん!って思ったのです。

しかし現実は甘くありませんでした。

そう、私が下手すぎて打ち合いにならないのです。

ボールは一方通行…

私は飛んでくるボールを空振りさせるか、とんでもない所に打ってコースアウトさせる状態でした…

楽しかったかって?

いいえ!!!

全然、楽しくありませんでした!!!

それ以上に相手に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

自分が運動神経が良くて絶対に楽しめると思うのであれば、テニス等のラリー系スポーツはおすすめです。

いい汗もかけますしね。

しかし、私に近い運動音痴の方はちょっと難易度が高いので避けた方が良いと思います。

逆にラリーではないスポーツの方が楽しめるし、罪悪感を感じることもないでしょう。

私がおすすめするのは、ボウリングやゴルフ、ダーツです。

これらは跳ね返ってくることはなく飛ばして終わりですからね。

しかもそれらをやったことなくても、上記に挙げたものは大体男性側は経験があるので、教えてもらうことで親密度を上げることも出来るでしょう。

また男性側に提案してもらったスポーツを一緒にするのも◎です。

提案するということは、彼の自信があるスポーツということだからです。

こちらが経験したことが無くても、きっと優しく教えてくれると思いますよ。

3.スポーツが苦手ならスポーツ観戦も良し

スポーツをするのがどうしても嫌と思うのであれば、無理にそれに執着しなくても良いでしょう。

もし相手にスポーツしようと誘われたとしても、スポーツをするくらいなら死んだ方がマシ!と思うくらいのレベルなら断った方が良いです。

だってそんなに嫌なのに、そこまでしてそれをするメリットはないですよね?

良いよと言ったものの、やる気なし…なんてそれこそ感じが悪いと思われてしまいます。

それならいっそのこと断った方が相手にも好印象ですよ。

もちろんただ断るだけでなく、どうしても嫌だと思う理由を伝えると親切だと思います。

また実際にスポーツをするのは気が引けるけどスポーツ観戦ならしたいなど、自分の気持ちを伝えたり、他の提案をすると「きちんと考えてくれているんだな」と思われ、良い流れを作ることが出来るでしょう。

終わりに・・・

せっかく良い人と知り合えたら、どうにか距離を縮めたいものですよね。

そんな時は、スポーツが得意な人はもちろんスポーツ下手の人もぜひスポーツを取り入れてみましょう。

二人で同じことをして楽しむ、いわゆる共同作業です。

それをすることで親密度は確実に上がりますよ。

もちろんその後も、共通の話題が出来たことで会話も深まるはずです。

今度良いなと思っている人と会う約束をしたけど具体的に何をするかは決まっていない…と悩んでいるのであれば、「一緒にスポーツしない?」と提案してみるのも良いでしょう。

その日が素敵な一日になると良いですね。

こちらの記事もご覧ください。

⇨どうしたらいい?婚活相手を好きになれない時